ネオクラシックカー紹介 トヨタ MR2(SW20型)

私が一番好きな車であり乗り続けているMR2(SW20型)気が付けばネオクラシックと言われるほど長く乗っている車であるが、現代でも通用するデザインと走行性能を持っている。リヤミッドシップに搭載されたエンジンのため2シーターで、ミッドシップ特有のドライビングが楽しいスポーツカー。サーキットでも峠でもゼロヨンでも2リッタークラスでトップレベル。

ドライビングが上手くなるネオクラシックカー
Check!
コストバリューが高い
MR2(SW20)は、エンジンが壊れにくくライトチューンで足回りが決まると速くて楽しいネオヒストリックスポーツカー
Point
1

耐久性の高いエンジン

MR2(SW20)の通称3型以降は、同じ3Sエンジンでもかなりの改良が入っており、パワーも余裕があり耐久性が高い。

ブーストアップ程度のチューニングでかなりパワーが出るので安く楽しめる。

Point
2

レーシングカー譲りのミッドシップ

フォーミュラカーやレーシングカートのように後部にエンジンがあるためリヤのトラクションが高く加速力が高い。重たいエンジンがリヤタイヤより前よりにあるためコーナリングが速いが、リヤの滑り出しも速いのでドライバーの素早いコントロールが求められる。そして、背後からのエンジン音やMR2特有の乗り味は一度味わうとやめられない。

Point
3

ネオクラシックならではのリトラクタブルヘッドライト

今やネオクラシックカーにしかないリトラクタブルヘッドライト!何故かわからないがワクワクしてカッコいい!!リトラが動く瞬間を見たら子供も大人もテンションが上がってしまう。走行性能にはあまり関係ないがかなりのおススメポイント。

お気軽にお電話でご連絡ください
083-776-0355 083-776-0355
受付時間:10:00~19:00
RELATED

関連記事